既存CRM連携

既存CRMアプリケーション連携

既存CRM連携

既存CRMアプリケーション連携

イベント開催日の翌日に営業部門による顧客フォローを

CRMアプリケーションを導入していても、活かさなければ意味をもちません。しかし、イベントやセミナー開催後に顧客情報を整理し、定型のデータフォーマットへ変換するには、多くの時間とリソースが必要となります。DRIでは、システムによるデータフォーマットの変換を行うことによって作業リソースを削減し、短期間でCRMアプリケーションへのインポートデータを作成いたします。

解決できる課題

  • 登録フォームでいろいろな情報を取得したい
  • イベント開催後の来場者リストを早急に社内と共有したい
  • 来場者リストをアプリケーションへインポートするための 指定フォームに変換するリソースがない
Diagram

既存CRMアプリケーションを導入し、社内で顧客情報を共有している企業は多いですが、イベントやセミナーで取得した顧客情報を精査・反映する時間がなく、CRMアプリケーションを活かしきれていないということはありませんか。

DRIでは、取得した顧客情報を指定フォーマットへ変換し、そのままインポート可能な状態でデータをご納品させていただきますので、社内共有までの期間を短縮化させ、営業部門による顧客への早急なフォローが可能になります。

また、弊社でエントリーフォームを構築する際には、CRMアプリケーションのデータフォーマットに合わせ、お客様が登録された情報を即時にCRMアプリケーションへ反映できるよう連携させることも可能です。

サービスの特長

1. 最短でイベント・セミナー開催日即日にデータをご納品
事前にフォーマットをご指定いただければ、イベントやセミナーへの参加情報を反映させたうえで、インポート可能なデータをご納品させていただきます。そのため、即日中にCRMアプリケーションへの反映が可能です。
2. エントリーフォームの可用性が拡大
取得項目に関わらないデータ変換が可能であるため、エントリーフォームでは指定フォームに縛られることなく、取得したい項目の設定が可能になります。
3. 保有する顧客情報の質を向上
取得した顧客情報の中には、パートナー企業や競合企業、関係企業の情報が含まれていることがあります。そのすべての情報をインポートするのではなく、純粋な顧客、もしくは顧客となりうる企業の情報のみをインポートできるよう、データの精査を行います。

このサービスをご覧の方々は、下記のサービスにも興味を持たれています

  • Icon
  • Icon
  • Icon

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ DRIお問い合わせ窓口: 03-5421-8585(代表)
平日 10:00 〜 18:00