顧客/見込み客管理

顧客/見込み客管理

顧客/見込み客管理

顧客 / 見込み客管理

多種多様なマーケティング施策をどのように一元管理するか?

社内の各所にバラバラに存在している顧客リスト、各マーケティング施策ごとにしか管理されていないデータ。顧客リストがこのような状態であれば、正しい見込み状況を把握することは難しいものです。DRIは「もっと顧客が分かる状況を作ること」が顧客の最新ステータスを管理できるようになる一歩目だと考えます。

解決できる課題

  • イベントやキャンペーン、展示会など顧客情報が社内でバラバラに存在している
  • マーケティング施策の結果として、購買に結びついているかを把握したい
  • 施策ごとの管理ではなく、企業ごと・個人ごとでデータを管理したい
Diagram

イベント、キャンペーン、資料請求等を通じて収集する顧客のデータ管理はどのように管理されていますか?また有効活用できていらっしゃいますか?

顧客情報が社内で個別に存在していたり、施策担当者が個別でリストを管理している場合もあるかと思いますが、DRIでは、法人名や個人のユニークプロファイルに全マーケティング施策結果を紐づけて管理することを強くお勧めしております。データを1つのDBに集約することで、どの顧客層にどの施策が響き、またどのコンテンツが改善するべきものなのか等、正しく見ることができるようにするために必要なことがあります。

簡易的なエクセル管理~本格的なDB構築まで、最適な管理手法で顧客情報の見える化を支援させていただきます。

サービスの特長

1. 顧客情報を一元化し、統一DBから顧客情報を見える化
皆様のマーケティングデータベース構築をサポート。今までは見比べることができなかった情報も、一元化するからこそ見えてきます。
2. 施策の結果を中長期的にトレース
マーケティング施策の結果として、顧客は購買にたどり着いたのか?本当は知りたい「結果」を中長期的に追いかけ、レポートします。
3. 企業・個人を基点としたデータ管理を実現
様々なマーケティング施策で収集した顧客情報を会社名と個人で一元管理。顧客ごとの最新アクティビティを管理することが可能です。その最新の情報を元にして、施策の効果測定も可能になります。

このサービスをご覧の方々は、下記のサービスにも興味を持たれています

  • Icon
  • Icon
  • Icon

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ DRIお問い合わせ窓口: 03-5421-8585(代表)
平日 10:00 〜 18:00